刊行物詳細

いしかわじょうりいせき(11)・ほんむらひがしおきいせき(3)・かみながばたけいせき

石川条里遺跡(11)・本村東沖遺跡(3)・上長畑遺跡

副書名
特別養護老人ホーム桜荘地点,サーパス上松地点,長電建設上駒沢住宅地地点 
シリーズ名
長野市の埋蔵文化財 
シリーズ番号
111 
編著者名
青木和明/風間栄一/小出泰弘/森田利枝 
編集機関
長野市埋蔵文化財センター 
発行機関
長野市教育委員会 
発行年月日
2005年10月31日 

 

要約
千曲川の後背湿地より、洪水砂による埋没水田を検出した。遺物の出土はないが、これまでの調査成果に照合し、
平安時代水田と判断される。また、南北方向の大畦畔を検出し、想定される条里区画に合致することが確認された。/
調査地は浅川扇状地扇央部の西端付近に位置し、北西から南東方向に傾斜する地形を呈する。
弥生時代後期および平安時代の住居跡が見つかり、該期の居住域であったことが明らかになった。
弥生時代後期の住居跡は近距離にある本村東沖遺跡長野高校地点でも数多く確認されており、延長300mを
越える一連の集落範囲が想定できる。
調査地点は浅川扇状地の末端部にあり、千曲川氾濫原との境界部分に位置する。居住域としての
遺跡の縁辺部に該当するものと思われ、検出された溝及び土坑は、農業関連施設であった可能性が
考えられる。 

[PDF/23.1MB]
RSS google+ twitter facebook ご利用者アンケート