刊行物詳細

こじま・やなぎはらいせきぐん なかせぎいせき

小島・柳原遺跡群 中堰遺跡

副書名
長電小島分譲地造成工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書 
シリーズ名
長野市の埋蔵文化財 
シリーズ番号
155 
編著者名
遠藤恵実子 
編集機関
長野市教育委員会 文化財課 埋蔵文化財センター 
発行機関
長野市教育委員会 
発行年月日
2020年03月31日 

 

要約
 自然堤防上に位置する集落遺跡で、縄文時代と、弥生時代中期から平安時代にかけての遺構と遺物を確認した。
 遺構としては弥生時代後期の住居2軒と古墳時代前期の方形周溝墓を1基、平安時代の溝3条、土坑などを確認した。周溝墓は溝部分と墳丘部隅を2箇所検出し、規模は一辺約24mと大型のもので、周辺遺跡においても同時期の周溝墓が広い範囲で造られている。
 平安時代の遺物は他の時期よりも少ないことから、今回の調査地は集落域の縁辺部となる可能性が考えられる。 

[PDF/25.1MB]
RSS google+ twitter facebook ご利用者アンケート