刊行物詳細

まちかわだいせき 2

町川田遺跡(2)

副書名
令和元年度防災・安全交付金(道路)工事(関崎橋東)に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書 
シリーズ名
長野市の埋蔵文化財 
シリーズ番号
156 
編著者名
遠藤恵実子 
編集機関
長野市教育委員会 文化財課 埋蔵文化財センター 
発行機関
長野市教育委員会 
発行年月日
2020年12月25日 

 

要約
千曲川の自然堤防上に位置する集落遺跡である。2面を対象とした調査を行い、1次面では平安時代、2次面では弥生時代後期の遺構・遺物を検出した。
 平安時代の住居では、カマドを良好な状態で検出し、このほか性格不明遺構からは、鉄製鎌のほか獣骨片が出土した。弥生時代後期は、住居5軒が密に位置している。炉や炭化面を検出したものが多く、中でも床面上に炭化物が堆積していた住居跡からは、土器と一緒に鉄石英製の管玉が出土した。 

[PDF/12.1MB]
RSS google+ twitter facebook ご利用者アンケート