刊行物詳細

あさかわせんじょうちいせきぐん こうきいせき

浅川扇状地遺跡群 古宇木遺跡

副書名
三輪十丁目分譲地造成工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書 
シリーズ名
長野市の埋蔵文化財 
シリーズ番号
161 
編著者名
飯島哲也 小野涼香 篠井ちひろ 
編集機関
長野市埋蔵文化財センター 
発行機関
長野市教育委員会 
発行年月日
2021年03月31日 

 

要約
古宇木遺跡は、浅川扇状地の扇頂付近に位置する集落遺跡である。調査では弥生時代中期と同後期、古墳時代後期の竪穴住居跡を検出し、該期の集落跡であることが判明した。弥生時代の遺構は調査区に点在する状況で、集落規模や範囲の想定には至らなかった。古墳時代後期の遺構は調査区北端に集中し、南下するにしたがって密度を低くする。このことから、集落中心は調査区以北にあると推測される。 

[PDF/65.4MB]
RSS google+ twitter facebook ご利用者アンケート