指定文化財詳細

かもじんじゃねずこ

加茂神社ねずこ

指定区分
市指定記念物 
地区
鬼無里 
所在
長野市鬼無里東京 
年代
時代区分なし 
指定等年月日
平成17年1月1日
地図

サイトが別ウィンドウで開きます。
「同意する」ボタンを押すと地図が表示されます。

 

解説
 ネズコ(学名:Thuja standishii)は、クロベとも呼ばれ、ヒノキ科の常緑高木で、本州・四国の山地帯上部の傾斜地に生育する。材は建築・器具用として用いられる。
 このネズコは、樹高約30m、幹の目通り周囲約3.4m、枝の広がりが南へ約4m、北へ約7m、東西に約5mとなっていて、加茂神社の社殿の裏、市指定天然記念物のスギの隣に生えている。幹は北側に傾いており、主幹は北の方向に伸びている。枝には、キツツキの空けた穴が数箇所見られる。樹齢は約400年と推定されている。 

この文化財を見た人は、ほかにもこの文化財を見ています。

加茂神社のスギ

峯のヒメコマツ

荒倉山神社のトチ

飯綱神社のイチイ

南浦のイチイ