遺跡・地点詳細

おおほりやかたあと

大堀館跡

遺構・遺物を検索する

遺跡番号
H-203 
種別
城館跡 
時代
中世 
地区
更北 
所在
青木島町大塚(大塚第二)大北 
調査年度
1996 
地図

サイトが別ウィンドウで開きます。
「同意する」ボタンを押すと地図が表示されます。

 

解説
 現在の更北中学校のあたりにあったと考えられ、地域の有力氏族であった町田氏の館跡と言われています。 
 平成8年(1996)には更北中学校複合施設建設に先立って長野市埋蔵文化財センターによる試掘調査が実施され、中世の土器片1片と堀のような痕跡が確認されています。
 かつての大堀館は幅3間半(約6.4m)、高さ2間半(約4.5m)の土塁が四方を囲み、土塁の外側には幅4間(約7.3m)、深さ1間半(約2.7m)の大きな堀が巡らされていたと伝えられ、この大きな堀が「大堀館」と呼ばれる由来になったと言われています。
 現在、館の痕跡は残っていませんが、更北中学校の正門脇に「大堀館址」と彫られた石碑が建っています。 

この文化財を見た人は、ほかにもこの文化財を見ています。

豊野一里塚

旭山城跡

広田城跡(昌龍寺)

福土遺跡

真島堀之内

RSS