遺跡・地点詳細

てんじんぎいせき

天神木遺跡

遺構・遺物を検索する(別ウィンドウで開く)

遺跡群
浅川扇状地遺跡群 
遺跡番号
A-089 
種別
集落跡 
時代
中世 
地区
若槻 
所在
稲田 天神木 
調査年度
1998~1999 
報告書
天神木遺跡・樋爪遺跡・権現堂遺跡
地図

サイトが別ウィンドウで開きます。
「同意する」ボタンを押すと地図が表示されます。

 

解説
 平成10~12年(1998~2000)にかけて稲田南土地区画整理事業に伴う発掘調査が実施されました。そのうち天神木遺跡の調査は平成10・11年(1998・1999)に実施されています。
 検出された遺構は、弥生時代中期の土坑と、中世の溝跡・井戸跡・小穴等です。溝跡のうち一条は最大幅3.6m、深さ80cmの大型で、北西から南東方向へ蛇行しています。形態等から自然流路、または区画溝の可能性も考えられます。
 明確に居住施設と考えられる遺構は検出されませんでしたが、井戸跡等の人々の生活の痕跡が残っていたことを考えるならば、中世の集落があったのかもしれません。 

この文化財を見た人は、ほかにもこの文化財を見ています。

樋爪遺跡

本堀遺跡

二ツ宮遺跡

吉田町東遺跡

駒沢新町遺跡