指定文化財詳細

たけぶさこふん

武富佐古墳

指定区分
市指定記念物 
地区
信州新町 
所在
長野市信州新町竹房 
年代
古墳時代後期  
指定等年月日
平成22年1月1日
地図

サイトが別ウィンドウで開きます。
「同意する」ボタンを押すと地図が表示されます。

 

解説
 この古墳は、直径15m、高さ2mのほとんど自然地形を利用した円墳です。
 昭和41年発掘調査が実施され、埋葬施設として2個の組合式箱形石棺が発見されました。第1号石棺は厚さ10~15cmの板状の砂岩を組み合わせて作られ、内法は、長さ2.15m、幅47~50cmです。第2号石棺の規模は小さく、厚さ2~5cmの板状の砂岩を組み合わせて作られ、内法は、長さ1m、幅26cmです。
 出土遺物には、鉄製刀子、須恵器破片、ガラス小玉、臼玉、鉄鏃があります。
 古墳の製作年代は、古墳時代後期、6世紀末から7世紀初め頃で、犀川中流域では数少ない貴重な古墳です。 
RSS