遺構詳細

7ごうせっかんぼ

7号石棺墓

遺跡・地点
宮崎遺跡 
時代・時期
縄文時代後期~晩期 
地区
若穂 
所在
若穂保科(上和田)中道南 
調査年度
1985~1987 
報告書
宮崎遺跡
地図

サイトが別ウィンドウで開きます。
「同意する」ボタンを押すと地図が表示されます。

 

解説
 7号石棺墓は、長軸方向が南北を向き、40~50cm程度の石を立てた石囲いの側壁と底に20cm程度の小さめの石を敷き詰めた形態となっています。しかし、地表面から20cmと浅い位置にあったため、北と西の側面の石が一部抜き取られた状態で見つかりました。底面の敷石部分は1mほどで、他の石棺墓と比べて小規模です。しかし、北側の側壁はなく敷石が失われている可能性もあり、正確な全長は不明です。また、1m西にある5号石棺墓とは、同じ南北方向を向き底面の深さも同じ程度であるため、同じ時期に造られた可能性が考えられます。 

この文化財を見た人は、ほかにもこの文化財を見ています。

2号住居跡

1号住居跡埋甕

駒沢新町遺跡

尼厳城跡

5号石棺墓