遺物詳細

ばぐ(おびかなぐ)

馬具(帯金具)

遺跡群
湯谷東古墳群(7基) 
遺跡・地点
湯谷1号墳 
時代・時期
古墳時代 
地区
長野 
所在
上松(湯谷) 
調査年度
1973 
報告書
湯谷古墳群・長礼山古墳群・駒沢新町遺跡
地図

サイトが別ウィンドウで開きます。
「同意する」ボタンを押すと地図が表示されます。

 

解説
 湯谷1号墳の横穴式石室内からは「馬具 帯金具」とされた金具が8点出土しています。方形あるいは長方形で中央部に外形と同形の透かしを持つものが3点、小札形で3鋲のものが5点、いずれも玄室内の第1地床面上から出土しています。これらは馬に装着された面繫(おもがい)・胸繫(むながい)・尻繫(しりがい)の革帯の交点などで帯を留めた飾り金具と考えられます。 

この文化財を見た人は、ほかにもこの文化財を見ています。

馬具(轡)

馬具(轡)

馬具(轡)

吉田高校グランド遺跡

古瀬戸大皿

RSS