遺構詳細

SB2

SB2

遺跡群
浅川扇状地遺跡群 
遺跡・地点
中越遺跡 
時代・時期
弥生時代中期 
地区
吉田 
所在
中越 
調査年度
2016 
地図

サイトが別ウィンドウで開きます。
「同意する」ボタンを押すと地図が表示されます。

 

解説
 幅3.7m、長さ2.6m以上の隅丸長方形の竪穴住居跡です。調査区の端で検出されたため、調査できたのは全体の1/2~1/3程度でした。内部施設として、柱穴2箇所と壁際の周溝が確認されました。床面からは炭化材が出土しており、焼失住居と考えられます。
 出土遺物には、弥生土器のほか、半玦状勾玉と呼ばれるヒスイ製の勾玉があります。勾玉は住居廃絶後に堆積した土の中から出土しており、本遺構に直接関連しない可能性も考えられます。 

この文化財を見た人は、ほかにもこの文化財を見ています。

平林館跡

半玦状勾玉

蹄脚硯

SZ1

鞍骨城跡

RSS