指定文化財詳細

つかもとのびゃくしん

塚本のビャクシン

指定区分
県指定記念物 
地区
若穂 
所在
長野市若穂川田 
年代
不明 
指定等年月日
昭和48年9月13日
地図

サイトが別ウィンドウで開きます。
「同意する」ボタンを押すと地図が表示されます。

 

解説
 ビャクシン(柏槇)はヒノキ科の植物で、本州・四国・九州に自生し、朝鮮半島・中国にも分布している。山上に自生することもあるが、多くは海岸近くに分布するものである。
 イブキ(伊吹)またはイブキビャクシンともいい、長野市内ではヒムロと呼んでいるところもある。イブキはその産地のひとつである伊吹山から名づけられ、ビャクシンは柏子からの変化といわれている。
 園芸品種には全形が球形のタマイブキ、新芽が黄色のキンイブキ、白色のギンイブキ、また、大阪府下の地名をつけたらしいカイヅカイブキ(貝塚伊吹)などがある。盆栽として観賞されることもあるが、庭園や社寺の境内に植えられることが多く、この指定木のように高木となるものもある。
 指定のビャクシンは樹高約25m、幹の周囲4.48mで、この種の樹木としてはまれに見る巨木であり、樹勢もよく、その樹姿も優れている。 

この文化財を見た人は、ほかにもこの文化財を見ています。

岩崎のイチョウ

真島のクワ

象山のカシワ

泉平伊勢社の大ケヤキ

素桜神社の神代ザクラ