指定文化財詳細

かもじんじゃほんでん

加茂神社本殿

指定区分
市指定有形文化財 
地区
鬼無里 
所在
長野市鬼無里東京 
年代
天明7年(1787) 
指定等年月日
平成17年1月1日
地図

サイトが別ウィンドウで開きます。
「同意する」ボタンを押すと地図が表示されます。

 

解説
 加茂神社は、貞観7年(865)創立と伝えられる旧村社で、東京組の産土神であり、武御雷命・健御名方命・天思兼命を祀る。慶長9年(1604)に大久保石見守長安より黒印社領高1石を受け、また文明13年(1481)、元和3年(1617)の再建棟札がある。明治時代には土倉の朝日社及び川浦諏訪神社を合祀している。
 比較的平坦な境内地にあり、本殿・拝殿と神楽殿が相対する配置をとっている。本殿は覆屋のなかにあり、一間社流造の社殿としては、組物に出組の詰組をもちいた重厚な建築である。
 様式からは元文・延享(1737~47)期とみられる手法で、棟札の示す天明7年(1787)としては古風な感じがする。拝殿は虹梁の絵様から18世紀後期の建築とみられるから、棟札はあるいは拝殿や覆屋再建をさすものかもしれない。なお、規模の大きな神楽殿は明治20年(1887)の再建といわれる。 

この文化財を見た人は、ほかにもこの文化財を見ています。

諏訪神社本殿

皇大神社本殿

荒倉山神社本殿

津島神社本殿

鬼無里神社本殿