遺構詳細

ASK12

ASK12

遺跡群
綿内遺跡群 
遺跡・地点
南条遺跡 
時代・時期
平安時代 
地区
若穂 
所在
若穂綿内(牛池)南条 
調査年度
1996~1998 
報告書
南条遺跡
地図

サイトが別ウィンドウで開きます。
「同意する」ボタンを押すと地図が表示されます。

 

解説
 平安時代前期の井戸跡です。一部が調査区外となり全体の検出には至っていませんが、平面プランは不整円形を呈し、直径は2.2m、深さは2m以上を測ります。井戸枠に用いたのは直径56cmのカズラ原木で、半分に割ったのちに9cmほどの厚みを残して内部を刳り抜き、周囲に木杭を打って固定しています。底には濾過装置として曲物が設置されていました。
 出土遺物には、須恵器の杯、土師器の杯などの土器のほか、木製品として挽物皿が30点以上、曲物底板が12枚、櫛などがあります。土師器杯の外面には人名と思われる墨書が認められたほか、挽物皿のうちの9点には刻書もしくは焼印が確認されます。
 

この文化財を見た人は、ほかにもこの文化財を見ています。

挽物(皿)

曲物

挽物(皿)

DSK11

RSS