遺跡・地点詳細

かみいけのたいら4ごうふん

上池ノ平4号墳

遺構・遺物を検索する(別ウィンドウで開く)

遺跡群
地附山古墳群(7基) 
遺跡番号
A-111-4 
種別
古墳 
時代
古墳 
地区
長野 
所在
上松 
調査年度
1986 
報告書
地附山古墳群
参考資料
掘った! 見つけた! 原始・古代の三輪 ~長野女子高校庭遺跡の発掘調査から~
地図

サイトが別ウィンドウで開きます。
「同意する」ボタンを押すと地図が表示されます。

 

解説
1986(昭和61)年に行った上池ノ平3号墳の発掘調査中に、上池ノ平5号墳と供に確認された古墳です。上池ノ平3号墳とは谷状の断層凹地をはさんだ傾斜地に、5号墳と供に並列して築造されています。両者の距離は約5mと近接しており、墳丘の復元径も約9mと小型であることから、上池ノ平1~3・6号墳の4基との格差は歴然としている状況です。また、墳丘の盛土がほぼ大小の凝灰岩礫で占められており、一見積石塚古墳を呈する点も様相を異にしています。
埋葬施設は、天井部が失われた石室の下部構造のみが検出され、ここでも横口構造が認められています。石室内からは平安時代の土師器甕が2個体出土しており、後世に再利用された痕跡と考えられています。他には墳丘の盛土から須恵器甕1個体の破片が出土しました。

 

この文化財を見た人は、ほかにもこの文化財を見ています。

上池ノ平1号墳

上池ノ平5号墳

上池ノ平2号墳

上池ノ平3号墳

上池ノ平6号墳