指定文化財詳細

よしだのいちょう

吉田のイチョウ

指定区分
市指定記念物 
地区
吉田 
所在
長野市吉田 
年代
推定樹齢約900年 
指定等年月日
昭和42年11月1日
地図

サイトが別ウィンドウで開きます。
「同意する」ボタンを押すと地図が表示されます。

 

解説
 吉田小町にあり、吉田大御神宮の御神木とされている。そばを通るとすぐに目につき、その大きさは目をみはるほどである。
 昔から乳のでない母親が木の皮を水に浸して飲めば母乳が出るようになると言い伝えられており、この由来から「乳イチョウ」とも呼ばれる。また、このイチョウの木幹や枝を切るとたたりがあると恐れられ、いまでもこの地方の人々に信じられている。
 雄木で、樹齢は推定約900年といわれ、樹高約32m、目通り周囲8.6m、枝張りは北方へ11.8m、東方へ15.5m、南方へ11.8m、西方へ14.0mである。
 落雷のため幹が破損した痕跡があるが、樹勢はいまなお盛んで、旧県指定を受けた名木である。
 なお、この地は皇足穂吉田大御宮の旧地で、平安時代から近世初期まで古道がこの前を通っていたと考えられる。
 このイチョウはその歴史の証人でもある。 
RSS