指定文化財詳細

みのやてんぽおよびしゅおく、どぞう

美濃屋店舗及び主屋、土蔵

指定区分
国登録有形文化財 
地区
松代 
所在
長野市松代町松代 
年代
明治中期 
指定等年月日
平成17年12月27日
地図

サイトが別ウィンドウで開きます。
「同意する」ボタンを押すと地図が表示されます。

 

解説
 美濃屋は文化年間に創業された茶商で、後に茶と関わりの深い陶磁器も扱うようになった。紺屋町の東西に長い短冊状の敷地に建つ。
 店舗及び主屋は切妻(きりづま)造、桟瓦(さんがわら)葺、木造2階建建物の背面に木造平屋の建物が接続し、屋根を葺き下ろす「片2階造り」としている。店舗正面には下屋をかけ、外壁は塗り込めて鼠(ねずみ)漆喰(しっくい)で仕上げる。建築時期は明治24年(1891)の松代大火の直後と考えられる。松代大火後の町家の特徴を良く見せ、町並みの形成過程を知る上で貴重である。
 土蔵は敷地奥、北寄りに建つ。切妻造、桟瓦葺の2階建となっていて、東西の妻壁2階部分に窓を開く。当初は白漆喰仕上げであった外壁を、現在は鉄板で覆っている。店舗及び主屋と同時期に建築されたものと考えられる。松代商家に典型的な土蔵の造りを見せ、商家の敷地後方の景観を形成している。