学芸員のちょこっと一言 ながの文化財ブログ

 11月19日(日)に新諏訪町公民館において、「新諏訪町80周年記念式典」が行われ、元長野市地方文化財保護審議会長笹澤浩先生による「新諏訪町遺跡は語る」と題した講演会が行われました。

 それに先立ち、「新諏訪町遺跡-善光寺平を望む集落を掘る!-」と題し、発掘調査のやり方や、平成27年、28年に行われた発掘調査の概要などを当センター職員が紹介いたしました。

 笹澤先生による講演では昭和42年、43年に長野西高校の生徒たちと一緒に行った発掘調査の概要や新諏訪町遺跡が善光寺平に稲作が始まった頃の遺跡であること、またこの遺跡から始まった稲作文化がその後、北信地域を中心に広がり、中野市の柳沢遺跡の銅戈・銅鐸につながる話など興味深いお話がありました。

 また、昭和の調査で見つかった新諏訪町式土器や平成の調査で見つかった土器、石器、金属製品なども展示してご覧いただきました。

 新諏訪町地区のみなさんに地元の歴史を感じていただく機会になりました。

 

笹澤先生が新諏訪町遺跡について解説している様子

▲笹澤先生による講演

 

当センター職員による平成27年、28年の発掘調査を説明する様子

▲当センター職員による解説

 

左側に昭和の調査で見つかった新諏訪町式土器土器。右側に平成の調査で見つかった土器や石器、金属製品などを展示した様子

▲昭和の調査で見つかった新諏訪町式土器や平成の調査で見つかった石剣や銅鏃などの展示

 

平成の発掘で見つかった土器や石器、発掘写真を展示した様子

▲平成の発掘調査で見つかった土器や石器の展示

 

 

  • 閲覧 (2838)

 南向塚古墳の勾玉を博物館常設展示室で展示しています。

 長さ3.3㎝の瑪瑙(メノウ)製の勾玉で、今年市民の方から寄贈いただいたものです。

 南向塚古墳は、発掘調査が行われていないことから、現在のところ詳しいことはわかっていませんが、この勾玉は唯一の出土品と言われているものです。

 初めての展示となります。ぜひご覧ください。

 

 南向塚古墳勾玉の展示の様子

 

  • 閲覧 (2775)

 11月14日(火)に古里総合市民センターにて、「原始・古代の古里をさぐる!」をテーマに講演会を行いました。

 古里地区で発掘調査された遺跡の解説に加え、長野市全体の原始・古代にも一部触れながら、古里地区の歴史についてお話しさせていただきました。

 41名もの方々にご参加いただきまして、ありがとうございました。

 

スクリーンで解説するセンター職員と講演を聞く来場者

 

 

 また、ロビーにて開催しています遺物展示は、引き続き12月15日(金)まで行っております。

 ぜひご覧ください。

  • 閲覧 (2352)

11月14日(火)に古里総合市民センターにて、古里地区の遺跡についての講演会を行います。  
 詳細は下のとおりです。

   

   時  間 : 午前10時~12時

   場  所 : 古里総合市民センター 多目的ホール

   タイトル : 「原始・古代の古里をさぐる!」

 

 古里地区で発掘調査が行われた籠沢遺跡や三才田子遺跡、駒沢祭祀遺跡、駒沢城跡を中心に古里の歴史についてお話しさせていただきます。ぜひご参加ください。

 

 また、ロビーでは古里地区の遺跡から見つかった出土品を展示します。展示期間は11月13日(月)~12月15日(金)です。ぜひ足をお運びいただければと思います。

 

展示ケースに入った出土品と遺跡の解説パネル

 

  • 閲覧 (2385)

RSS google+ twitter facebook ご利用者アンケート