学芸員のちょこっと一言 ながの文化財ブログ

現在、大室古墳館で特別展示をおこなっています。古墳群散策にあわせてぜひご覧ください。

 

 

1 会期

11月2日(土曜)~11月30日(土曜)

※開館日は大室古墳館のページからご確認ください。(新しいウィンドウが開きます)

 

 

2 内容

「馬形土製品は何を語る?」

大室168号墳出土の馬形土製品(古墳時代中期)を展示します。被葬者と馬との関わりを示す重要な資料です。一昨年まで明治大学に保管されていたもので、大室古墳館での展示は今回が初めてです。

 

「清水原古墳群の発掘調査」

若穂綿内にある清水原古墳群から出土した土器・埴輪(古墳時代中期)を展示します。小破片ながら、綿内で初めて確認された積石塚古墳の出土品として注目すべき資料です。

 

▼展示の様子

出土品が入れられた2台の展示ケースの写真です

  • 閲覧 (64)

令和元年10月20日(日曜日)に開催を予定しておりました、第6回 大室古墳群まつり(大室古墳群まつり実行委員会主催)は、台風19号の影響により中止することとなりました。

楽しみにされていた皆さんには申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

  • 閲覧 (201)

国史跡 大室古墳群(長野市松代町大室)で、地元の大室古墳群まつり実行委員会主催による「第6回 大室古墳群まつり」が開催されます。学芸員の案内による古墳見学会や、毎年好評の「古墳カレー」のふるまいなど、各種イベントが催されます。皆様お誘いのうえぜひご来場ください。

 

▼昨年のまつりのようす

古墳カレーのふるまいにたくさんの人が並んでいるようす

 

第6回 大室古墳群まつり

 

(主催:大室古墳群まつり実行委員会、共催:大室区・松代住民自治協議会・JAグリーン長野寺尾支所、後援:長野市教育委員会)


開催日時

令和元年10月20日(日曜日) 9時~14時30分

※雨天中止


会場

大室古墳館
(交通アクセスは大室古墳館ホームページで詳しくご覧いただけます)


プログラム
9:00 オープニング行事

伝統芸能披露、開会式、大釜火入れ式

10:00 イベント開始

「学び」

  • 古墳見学会(エントランスゾーン/ムジナゴーロゾーン)

  • 大室古墳出土品見学(古墳館内)

  • 霞城址見学トレッキング

「体験」

  • 火おこし体験

  • 勾玉作り(300円)

  • 籾すり体験

  • 古代織物体験

「交流広場」

  • シャボン玉

  • 輪投げゲーム

  • 松代中学校科学部発表

  • まきば保育園年中児遊戯

「おもてなし」

  • 古墳カレー(無料、500食限定)

  • トッカン・綿あめ(無料)

  • 地場産野菜・ジュース販売


お問い合わせ

長野市教育委員会文化財課埋蔵文化財センター(026-284-0004)

 

▼大室古墳群まつりチラシ(画像をクリックするとPDFファイルが開きます)

大室古墳群まつりのチラシの画像

  • 閲覧 (280)

 8月23日(金)に、かがやきひろば湯福で「考古学からみた長野の歴史2」の第5回目の講座が開催されました。今回のテーマは「ここがすごいぞ!魅せられた赤色」です。

 古代の色について学び、実際に使われていた土器に触れたりしました。講義の最中には、参加者の方々に赤鉄鉱を細かく粉状に砕いていただき、どのようにして赤色を作ったのか体験していただきました。

 ご参加くださった16名の皆さん、ありがとうこざいました。

 

 

 

▼講座の様子

講師が説明をしている様子

 

 

▼赤鉄鉱を砕いている様子

参加者がすり鉢を使って赤鉄鉱を砕いている様子

 

 

▼土器を見ている様子

講師が土器の説明をして参加者がそれを聞いている様子

 

 

  • 閲覧 (464)

令和元年8月10日(土曜日)、古代遺跡徳間博物館で開催された勾玉作り教室に、当センターから3名のスタッフを派遣しました。

当日は、勾玉作り初チャレンジの方から経験者の方まで、約30名にお集まりいただきました。勾玉についてのミニ講座の後、早速勾玉作り開始です!

 

▼棒ヤスリと紙ヤスリを使って石を削ります

机の上で、4人の参加者が棒ヤスリを使って石を削っている様子。

 

▼わからないところや削りにくいところはスタッフのアドバイスも参考に!

センターのスタッフ1名が参加者に石の削り方のアドバイスを行っている様子。

 

▼最後は水の中で石を磨いて、つるつるにします

5名の参加者がバケツに入った水の中で勾玉を磨いている様子。

 

▼マーカーで色を付けて完成です!

机の上に勾玉が5個並んでいる様子。中央の玉は魚の形をしています。

 

▼会場の様子

4人から5人掛けの机が約8台並び、参加者がグループごとに席についている様子。

 

Cの字形の勾玉だけでなく、魚形やお花の形など、色々な形の勾玉が出来上がりました。

ご参加くださった皆さん、徳間博物館の皆さん、ありがとうございました!

  • 閲覧 (520)

7月31日(水曜)、吉田四ツ屋遺跡の発掘現場にNBS長野放送「土曜はこれダネッ!」の取材が入り、お笑いタレントの末吉くんが発掘作業を体験しました。


朝のシートはぎに始まり、竪穴住居跡の掘削、出土した土器の取り上げなど作業員さんと同じ仕事をしてもらいましたが、最高気温33.5度というたいへん暑い一日だったにもかかわらず、末吉くんにはとても一生懸命取り組んでいただきました。末吉くんお疲れ様でした!


放送は8月10日(土曜)午後6時からの予定です。末吉くんの奮闘ぶり、ぜひご覧ください! 目指せ発掘芸人!

 

▼作業員さんと一緒に竪穴住居跡を掘ります

末吉くんが腹ばいになって竪穴住居跡を掘っているようす

 

▼出土した土器の取り上げもやってもらいました

取り上げた土器を末吉くんがカメラに向かって見せています。その周りには職員や取材クルーがいます。

 

▼最後にみんなで記念撮影

末吉くんを中心に、職員3人、作業員12人が並んでいます

  • 閲覧 (591)

 7月27日に柳原交流センターで勾玉作り教室を行いました。

 はじめに、柳原の水内坐一元神社遺跡など長野市内で出土した実物を見ながら勾玉について勉強しました。次に勾玉の作り方について説明をしてから、作業スタートです。

 四角い石に下絵を描いて、どのような形にするか決めていきます。参加者の方々は「どんな形にしようかな?」とわくわくした表情で一生懸命考えて描いていました。形が決まったら下絵に合わせて石を削り、棒ヤスリで形を整え、最後に紙ヤスリで仕上げて出来上がりです。

 

 今回初めて勾玉を作った方も、2回目で新しい形に挑戦された方も、それぞれ思い思いの勾玉を作成することができました。

 

 

▼講座の様子

代替:講師が説明をし参加者が聞いている様子

 

▼勾玉作りの様子

参加者が石を勾玉の形に削っている様子

 

▼完成した勾玉

参加者が完成した勾玉を手に乗せて見せている様子

 

  • 閲覧 (486)

7月1日と2日に長野市立櫻ヶ岡中学校の生徒3名が、7月25日と26日に長野市立更北中学校2年生の生徒2名が、それぞれ埋蔵文化財センターに職場体験に訪れました。

生徒の皆さんには、遺物整理棟や大室古墳館、博物館などを見学したあと、現在発掘調査を行っている桐原牧野遺跡で実際に発掘調査を体験していただきました。

暑い中での作業となりましたが、皆さん一生懸命に発掘をしてくださいました。

今回の体験が、生徒の皆さんが将来を考えるきっかけになりましたら幸いです!

 

▼発掘調査を体験!

中学生が現場担当者の説明を聞いている様子

 

3名の中学生が両刃鎌を使って調査区の壁を削っている様子。

 

中学生2名と作業員2名がスコップで土を掘っている様子。

 

中学生2名が遺構を掘っているようす。スコップで少しずつ土を掘っています。

  • 閲覧 (1142)

4月19日(金)に、かがやきひろば湯福で「考古学からみた長野の歴史2」の第1回目の講座が開催されました。

今回のテーマは「ガイダンス~火おこし体験~」となっており、15名の方にご参加いただきました。

講師の飯島より、全9回の講座の簡単なご説明を行ってから、火おこしの歴史についてクイズなどを交えながら学んでいただき、いよいよ火おこし体験です。

 

今回はマイギリ式火おこし器を使って火をおこしました。
持ち手を上下させることで火きり棒と火きり板が摩擦を起こし、くずが出てきます。
そのくずの中に火種があるので、その火種を麻布の上に落とし空気を含ませると火がつきます。

なかなか火がおきず皆さん苦戦していましたが、一生懸命持ち手を上下させて、無事火おこしが成功しました!

 

「大変だった」という声や「今は便利な世の中になった」など思い思いの感想を口にされていました。

なかには、「もう一回挑戦したい!」と2回目の火おこしをされた方もいました。

 

ご参加くださった皆さま、ありがとうこざいました。

 

 

▼講座の様子

講師が説明をし、それを受講者が聞いている様子

 

 

 

▼マイギリ式火おこし器の説明

マイギリ式火おこし器の説明

 

 

 

▼火おこし体験の様子

受講者が火おこし体験をしている様子

 

 

  • 閲覧 (1092)

2月13日から市内4会場で開催してきました、第20回長野市埋蔵文化財センター発掘調査速報展「遺跡が語る長野の歴史」は、4月11日に終了いたしました。

速報展期間中は、およそ3800人もの方にご見学いただきました。ありがとうございました!

なお、速報展リーフレットをPDFファイルで公開いたします。

 

平成30年度速報展のリーフレット表紙の画像です。

 

速報展リーフレットのダウンロードはこちら(1.92MB)

  • 閲覧 (1076)

RSS google+ twitter facebook ご利用者アンケート