学芸員のちょこっと一言 ながの文化財ブログ

 3月3日日曜日午後2時から、三輪公民館3階大ホールにて、長野女子高校校庭遺跡の発掘調査報告会を行いました。当日は約60名の方々にご参加いただき、周辺遺跡の紹介や今回の発掘調査での成果について、調査担当者よりスライドを使いながらお話しさせていただきました。
 報告会終了後には、三輪公民館1階談話室で開催中の速報展について、専門員による展示解説を行いました。長野女子高校校庭遺跡から出土した弥生時代の土器やアクセサリーについて説明をさせていただき、参加者の方の熱心に耳を傾けられる姿や、興味深そうに展示品を見つめる姿も見受けられました。

 

 長野女子高校校庭遺跡の発掘調査では、三輪地区の方々に実際の発掘作業に参加して頂きました。現場での作業が終わってから9ヶ月ほど経ちましたが、今回地元での報告会ということで久しぶりの再会もでき、懐かしかったです。
 参加者の皆様、お忙しい中お越しいただきまして、ありがとうございました。

 

▼報告会の様子  
▼展示解説の様子  

  • 閲覧 (6323)

今年度から、安茂里老人福祉センター主催の生きがいづくり講座の一つとして、長野市埋蔵文化財センター出前講座「ながの発掘最前線!」を開催しています。4月から月1回のペースで開講している9回連続の講座で、12月14日(金)に最後の講座となる第9回「門前町と城下町のにぎわい~善光寺と松代」を実施しました。
今回の講師は田中暁穂専門員です。
 
「門前町と城下町のにぎわい」ということで、発掘調査で明らかになった善光寺門前の姿、松代城下町の姿をスライドを交えて丁寧に説明をさせていただきました。
 
 

また発掘調査で出土した中・近世の瓦、カワラケ、陶磁器等を手にとって間近でじっくりと観察していただきました。
 
 
 
 
最後に安茂里老人福祉センターによります閉講式が行われ、4名の方に皆勤賞が授与されました。
 
 
 
 
春から始まりました、生きがいづくり講座「ながの発掘最前線!」ですが、
参加者の皆様には熱心に受講していただき、ありがとうございました。
 
また、安茂里老人福祉センター佐藤所長はじめスタッフの皆さん、ご協力ありがとうございました。

  • 閲覧 (6718)

古代遺跡徳間博物館との共催事業として、黒曜石を使った体験型の勉強会を開催しました。



まず同時開催しているミニ特別展『縄文を支えた石の道具』を見学し、縄文人がどのように石器を使っていたのか、黒曜石がどんな石器に使われていたのかをご覧いただきました。

そして黒曜石のかけらを使ってお肉などを切っていただくと、その切れ味の良さに皆さんビックリ!
ここでは千曲川でも拾えるチャートという石のかけらも用意し、黒曜石と切れ味を比較してみました。
多くの皆さんが「黒曜石のほうが切れる」と感じられたようです。

 

最後に、黒曜石のかけらから「石鏃(せきぞく)」と呼ばれるやじり作りにチャレンジ。
こちらは少し難易度が高く、悪戦苦闘されていた方も多かったようですが、それだけに縄文人が作った石鏃の精巧さには驚かれたようでした。

 


 

最後に、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

  • 閲覧 (8528)
今年度から、安茂里老人福祉センター主催の生きがいづくり講座の一つとして、長野市埋蔵文化財センター出前講座「ながの発掘最前線!」を開催しています。4月から月1回のペースで開講している9回連続の講座で、今月10月12日(金)に第7回講座「勾玉を作ってみよう!」を実施しました。
 
今回の講師は山本賢治調査員です。
ろう石という柔らかい石を使って、古代のアクセサリー『勾玉』を作りました。
 
削った粉で手が真っ白になりながらも、皆さん熱中していました。
 
 
 
サンドペーパーで削って形を作ったあとは、ツルツルになるまで磨きます。 
 
お互いの勾玉を見て、感想を言い合う姿も見られました。
 
約2時間でオリジナルの勾玉の完成です!
 
 
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
 
  • 閲覧 (6453)

 長野市埋蔵文化財センターでは古代遺跡 徳間博物館との共催により、黒曜石を使った体験型の勉強会を開催します!

 黒曜石は溶岩が冷えて固まった天然のガラスで、割れ口が非常に鋭く、旧石器時代や縄文時代に石器の材料としてよく使われました。
 勉強会では、黒曜石のかけらを使って肉や野菜を切ってみたり、石のやじりづくりに挑戦します。大昔の人々もほれこんだ黒曜石の切れ味を是非体験してみてください。



 日  時  平成24年10月27日(土曜) 午後1時30分から午後3時00分

 場  所  古代遺跡 徳間博物館 (長野トヨペット徳間店内) 〉〉〉地図はこちらから

 参加費  無料

 申込み  準備の都合上、事前のご予約をお願いします
         (お名前、参加人数、ご連絡先をお聞きします)

  

【お問い合わせ先】 
TEL 026-295-3676 
(長野トヨペット徳間店と出ます。博物館イベント申込とお伝え下さい。)


  • 閲覧 (8310)
今年度から、安茂里老人福祉センター主催の生きがいづくり講座の一つとして、長野市埋蔵文化財センター出前講座「ながの発掘最前線!」を開催しています。4月から月1回のペースで開講している9回連続の講座で、先月9月29日(金)に第6回講座「原始・古代のファッションセンス~装身具」を実施しました。
今回の講師は高田亜紀子専門員で、パワーポイントを駆使して写真や図表を上映しながら、時にはクイズを交えたりして、受講生の皆様にわかりやすくお話させていただきました。会場には実際に発掘調査で出土した鏡や腕輪、勾玉などのアクセサリーを展示し、間近で見たり、手にとって触れてみたりしながら、古代へのロマンを感じていただいたようです。
次回は受講生の皆様と勾玉をつくる体験講座です。どんな勾玉が出来上がるのか、とても楽しみです。
  • 閲覧 (5989)
三輪地区地域公民館連絡会からご依頼いただきました、「発掘された三輪の遺跡!」と題する9月8日(土)の講演会に、長野市埋蔵文化財センターから講師を派遣しました。
三輪地区は全域で遺跡の存在が推定されており、これまでに数多くの発掘調査が実施されています。また、今年の3月から5月にかけて長野女子高校校庭遺跡の発掘調査が行われましたので、地域の方々の関心も高かったようです。
当日は実に70名以上の方々が会場となった三輪公民館にお越しになり、熱心に耳を傾けられました。
  • 閲覧 (6249)

RSS google+ twitter facebook ご利用者アンケート