学芸員のちょこっと一言 ながの文化財ブログ

5月12日に長野会権堂イーストプラザで開催された

長野グリーンシティライオンズクラブ主催のグリーンシティフェスタ2024に協力して

土器拓本体験と勾玉作りを実施しました。

会場内では、他にも多くの体験ワークショップやステージ上での発表などが行われ、

大勢の家族連れが訪れていました。

埋蔵文化財センターの土器拓本体験と勾玉作りにも多くの方々にご参加いただきました。

 

土器拓本体験では、縄文土器や弥生土器などの模様を墨で紙に写しとり、ラミネートカードを作成しました。大昔の土器に施された不思議な模様に子供たちも興味津々な様子でした。ラミネートカードが完成した際には飛び跳ねて喜んでくれる子もいました。

勾玉作りでは子供たちがオリジナルの色や形の勾玉に挑戦し、十人十色の個性豊かな勾玉が出来上がりました。

 

体験を通じて埋蔵文化財と触れ合う貴重な機会となったようです。

 

▼土器拓本体験の様子

土器拓本体験の様子土器を墨でたたく様子ラミネートカードの完成

 

▼勾玉作りの様子

勾玉作りの様子勾玉作りの様子

  • 閲覧 (1936)

現在、長野市立博物館エントランスホールで開催している

第24回埋蔵文化財センター発掘調査速報展「遺跡が語る長野の歴史」の

展示解説を4月28日に実施しました。

 

2回目となる今回の展示解説には40名の方にご来場いただき、

連休中ということもあり家族連れの方も多く見られました。

令和5年度に市内で実施した発掘調査の資料や新発見の大型前方後円墳

「四之宮将軍山古墳」の解説を行い、地域の文化財について考えていただける貴重な機会となりました。

 

展示解説は今回で終了となりますが、速報展は5月6日まで開催されています。

ぜひご来場ください。

 

▼展示解説の様子

 

展示解説

 

展示解説の様子

  • 閲覧 (2016)

RSS ご利用者アンケート