ナガノぐるっと文化財さんぽ

毎年9月23日は博物館まつり!どなたも入館無料です。
様々なイベントを行いますので、是非あそびにきてください。


 日 時  平成26年9月23日(火) 9時~16時


 場 所  長野市立博物館(八幡原史跡公園内)

                イベント内容の詳細はコチラ


 お問い合わせ  長野市立博物館(TEL 026-284-9011)
博物館まつりチラシ
  • 閲覧 (5410)
 今回の展示では、過去に起こった地震について、その被害や人々の思いを復元することで、人々は地震に遭った時、何を思い、何を残し、そして伝えようとしてきたのかを明らかにしたいと考えています。

期 間  平成26年9月13日(土)~10月19日(日)

会 場  長野市立博物館 特別展示室

入館料  常設展示室と共通
         大人300円、高校生150円、
         小中学生100円(土曜日は小中学生無料)

<展示内容>
Ⅰ.歴史の中の地震
Ⅱ.ひずみ集中帯と北信濃
Ⅲ.1847善光寺地震と山崩れ
Ⅳ.東北の今、そして伝える


お問合せは、長野市立博物館(Tel 026-284-9011)まで
  • 閲覧 (5394)
おばけや妖怪が跋扈(ばっこ)する不思議な話が伝えられています。本展示では、県内に伝わるおばけや妖怪の話の中から特徴的なものを新信州七ふしぎと題して紹介します。資料からあの世や異界のイメージを探ります。


期  間   平成26年7月19日(土)~8月31日(日)

会  場   市立博物館 特別展示室

入館料   常設展示室と共通
・大人300円、高校生150円
・小中学生100円(土曜日は小中学生無料)



お問い合わせは長野市立博物館(TEL 026-284-9011)まで
百鬼夜行図巻(真田宝物館蔵)
  • 閲覧 (5706)
信州新町は古くから多くの芸術家が訪れる場所であり、中でも水彩画との所縁が深い場所です。
今回ご紹介するのは、水彩画家・桜田義文が描くスペインのラ・マンチャの風景画です。
水彩画作品約80点を一堂に展示します。

期間 平成26年4月26日(土)〜9月28日(日)

会場 信州新町美術館 第二・三展示室



関連事業などの詳細についてはコチラ

信州新町美術館 電話 026-262-3500 

  • 閲覧 (6078)

当館に御寄贈いただいた雛人形を中心に展示します。
現在に残った人形や飾りが、いつ、だれに贈られて現在に至ったのかをみることで、
物の背景にあるストーリーを紹介したいと思います。

期間  平成26年3月1日(土)~5月11日(日)
          ※4月7日(月)~11日(金)の間は、展示
       替えのため
見学できません。


会場
  博物館特別展示室


入館料 常設展示室と共通 

節供人形
    
お問い合わせは 長野市立博物館(TEL 026‐284-9011)まで
  • 閲覧 (10615)

 合併町村の付属施設におさめられている資料の中から、郷土玩具や土人形を中心に特徴あるものを展示します。


期間  平成26年1月18日(土)~4月6日(日)

会場  長野市立博物館特別展示室

入館料 常設展示室と共通


お問い合わせは、長野市立博物館(TEL:026-284-9011)まで

  • 閲覧 (6006)

期間  平成25年10月19日(土)〜平成26年2月16日(日)
       休館日:月曜日、祝休日の翌日・年末年始(12月29日〜1月3日)

会場  長野市立博物館分館 信州新町美術館  第2・3展示室

   【主催】長野市立博物館分館  信州新町美術館      
   【監修】高畠華宵大正ロマン館・華宵会
   【協力】金子みすゞ著作権保存会・高畠華宵大正ロマン館・華宵会


今日では金子みすゞの詩を読むことによって、現代社会に「心の時代」を取り戻そうとする運動が全国的に広がっています。本展の目的も、大正時代の「心の美しさ」をみすゞの童謡と子ども絵の世界を観照し体感することにあります。の人々は子どもをどのように見て、どのように育てていたのか。当時の子ども絵と金子みすゞの詩世界に通底する純粋性と素朴さを重ね合わせることで浮き上がる世界観を雑誌挿絵、表紙絵、絵はがきなど約200点で表現します。


 

 

お問い合わせ  長野市立博物館分館 信州新町美術館  TEL 026-262-3500
詳しくはこちら(信州新町美術館ホームページ)
  • 閲覧 (5995)

第56回特別展 
川中島の戦い開戦460周年 山村に生きた武将たち ~東の真田 西の大日方~


  • 期間  10月5日(土)~11月24日(日)
  • 会場  博物館特別展示室
  • 入館料 常設展示室と共通

 

 川中島の戦いを、長野市の中山間地に生きた大日方、真田という2つの武将を軸に展示します。
 この展示をとおして、中山間地の歴史の奥深さと、ひいてはその魅力を引き出します。


 

 特別展パンフレット(PDF)


 <ギャラリートーク>(各回とも14時から)
  10月5日(土) :「大日方の来歴」
  11月2日(土) :「小川大日方氏について」
  11月24日(日) :「真田を語る」
 
 <講演会>
  10月27日(日) 14時から
   「山の豊かさと信濃武士の力」


   お問い合わせ  長野市立博物館 TEL 026-284-9011
   詳しくはこちら(長野市立博物館ホームページ)



  • 閲覧 (6073)

重要文化財「銅造観音菩薩立像」特別公開中です。11月4日(月)まで。

詳しくはこちら(博物館ホームページ)


お問い合わせ 長野市立博物館 Tel 026-284-9011

  • 閲覧 (5478)

山村の朝


期間
 4月26日(金)〜10月6日(日)


会場 信州新町美術館 第二・三展示室




水上民平(みなかみみんぺい)(1898〜1994)の画業を紹介する展覧会です。水上は、長野市新田町に生 まれ、教員生活をしながら絵画制作に励み、国画会会員として中央画壇で活躍した画家です。平成9年、長野市では、ご遺族より代表作を含む油彩画103点を受贈しました。本展では、長野市近郊を描いた初期の風景画から、晩年の深い精神性に溢れた心象的作品まで約50点を展示します。

詳しくはこちら


お問い合わせ 信州新町美術館 tel 026-262-3500







  • 閲覧 (6599)

RSS