学芸員のちょこっと一言 ながの文化財ブログ

2021/11/26 8:30篠ノ井での発掘調査が終了しました

 都市計画道路築造工事等に伴い、篠ノ井布施高田で実施していた発掘調査が10月29日をもちまして終了しました。

 今回の調査では、竪穴住居跡3軒、溝跡19条、土坑12基、小穴などがみつかりました。遺物は、土師器や須恵器のほか、東海地方から搬入された灰釉陶器や緑釉陶器が出土しました。竪穴住居跡の時期は、出土した遺物から平安時代と考えられます。複数の竪穴住居跡がみつかったことから、調査地周辺には平安時代に集落がつくられていたことが新たに判明しました。

 また、今回の調査地は中世の居館跡である「布施城跡」に近接しています。現在のところ、布施城が機能していたとされる鎌倉時代頃の遺構や遺物は確認できていません。しかし、平安時代以降に掘削された溝跡が複数みつかっており、これらが布施城跡に関連する可能性があります。

 

 調査にご協力いただきました地域の皆様、発掘現場にお越しくださった皆様、ありがとうございました!

 

▼発掘調査の様子(10月撮影)

7人ほどの作業員が、両刃鎌や移植ごてを使って土を掘っている様子。

 

▼平安時代の竪穴住居跡

調査区の隅に方形の竪穴住居跡が写っている様子。竪穴住居跡は、埋土が取り除かれてほかの部分よりも30cmほど低くなっています。

 

▼竪穴住居跡から出土した須恵器と土師器

割れた土師器の甕や須恵器の杯が数点まとまって出土している様子。

 

▼平安時代以降に掘られた溝跡

写真の中央に幅約50cmの溝と幅約1.5mの溝が並んで延びている様子。

 

 

 

  • 閲覧 (8918)

RSS google+ twitter facebook ご利用者アンケート