学芸員のちょこっと一言 ながの文化財ブログ

2022/8/3 9:30長沼城で発掘体験

 令和4年8月2日(火)、長野市教育委員会家庭・地域学びの課および長沼地区住民自治協議会主催(長野県埋蔵文化財センター協力)の

発掘から見える長沼城の歴史 第二回講座~夏休み特別企画~

「今しかできない 長沼城の発掘を体験しよう」

イベントに支援スタッフとして参加してきました。

 

 長沼支所仮庁舎 長沼交流スペースに小学生8名と親御さん5名が集まり、受付をすませたところで発掘現場プレハブに!!

 まずはみんなでラジオ体操。作業を始める前に体を動かします。

 体操後に現場を担当する県埋文職員からあいさつがあり、そのあと参加者に発掘道具が渡されました。

 いよいよ発掘現場に移動して発掘体験スタート。

 発掘作業員さんに交じり、両刃鎌と手みを使って土を削りながら遺物や遺構を探していきます。焼けた土や炭などと一緒に土器が出土した場所があったり、釘が出て来たりして、暑い中、体験は40分程度でしたが、みんながんばって発掘をおこないました。

体験後は支所に戻り、質問や感想を聞いたり、今までの発掘で出土したものを観察したりして終了しました。

 参加された方にとっては夏休みの貴重な体験であり、発掘調査の大変さや大切さを感じ取れたのではないかと思います。

 

長沼支所から現場プレハブにみんなで並んで歩いていく様子

▲みんなで長沼支所から現場プレハブに移動

 

プレハブ前に広がってみんなでラジオ体操をする様子

▲みんなでラジオ体操

 

県埋文職員が参加者に発掘道具の両刃鎌と手みを渡す様子

▲参加者に発掘道具を渡します

 

発掘現場で一列に並んで発掘をしている様子

▲発掘作業開始。みんなで並んで土を削っていきます

 

作業員さんと小学生で並んで発掘する様子

▲作業員さんの説明を聞きながら発掘するようす

 

支所で参加者が県埋文職員による説明を聞くようす

▲支所に戻り、質問や感想を聞くようす

 

県埋文職員の出土遺物の説明を参加者が聞く様子

▲今までに出土した遺物の説明を聞くようす

  • 閲覧 (1930)

RSS ご利用者アンケート